ピンクの絨毯

花薄記念公園・鶴見緑地には、『花の万博』当時のまま国際庭園が残されている。
寂れた感はあるが、手入れもされているので、各国の特徴ある庭園が楽しめる。
今の時期、タイの庭園には芝桜が一面を覆い、ピンク色の絨毯が広がっているように見える。
なんともキレイである。
d0132371_23511985.jpg

山のエリアに位置するので、坂道が多く、ワンコと共にいい運動になった。

日本庭園を散策している時に、年配の男性に声を掛けられた。
「あの鮮やかなピンク色の花はなんですか?」
「・・・」
「牡丹ですか?」
「牡丹ではないですよね~。花が違いますもん。」
「なんでしょうかね?」
「・・・芍薬じゃないですか?名札ついてないんですかね~」
「そうかもしれませんね。芍薬ですか。」と言い、カメラで花の写真を撮り出した。
「では・・・」と歩き出し、???なんだが納得できずにいる私。
おっと、、、、、アレは芍薬じゃなくて、石楠花だ!
でも、時既に遅し。。。

もっと花の名前を勉強しておくんだった。
ごめんなさい、嘘を教えてしまいました。
きっと、写真を見せたら、誰かに指摘してもらえるかな!?

ワンコ連れだったから、しょっちゅう来てる人と思って、聞いてきたんでしょうね。。。

『立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花』
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへ

ファイブスタイル ブログランキング

お越しいただき、ありがとうございます!
[PR]
by sally-broom | 2010-04-20 00:08 | おでかけ | Comments(0)
<< おいしい八重桜* 身近なオランダ風景 >>