‘じ~じょ’の公演Project UZU【Continue】

d0132371_004421.jpg
今日は、‘じ~じょ’の公演Project UZU 3rd Stage【Conteinue】を観てきました。

まずはちょっと腹ごしらえするのに、近くのパン屋&カフェで軽く食事。
焼きたてパンにオーガニックコーヒーで、なごみましたよ。
ゆっくりし過ぎて、慌てちゃいましたけど・・・ね。

d0132371_032360.jpg



芝居小屋っていうところには、入ったことがなかったのでビックリ005.gif

小学校の演劇フェスティバルや児童劇団時代は大きなホールでの公演。
こんなに目の前で、役者が演じるなんて・・・
近すぎ~

そういえば、ウチの近所の大衆演劇の劇場もこんな感じなのかなぁ~
毎日、おばちゃま達が通いつめているけどね。
役者さんと近くていいのかも。。。

d0132371_095100.jpg
私のチケットには<おかん>の絵が描かれてる。
確かに、‘おかん’だけれども・・・

オープニングから、やっぱり近すぎるのに慣れなくて、戸惑う。
でもね、それにも慣れ、だんだんと引きずり込まれていきましたよ。
児童劇団時代のシェークスピアもよかったけれど、今の方が断然いい!
裏方で子供を見守るステージママで心配ばかりしていたあの頃とはちがって、一観客として楽しめた。
なかなか我が子‘じ~じょ’を見つめることはできなかったけれど・・・
近すぎて、私の存在を確認して失敗したらいやだなぁ~っていう思いが、頭をかすめるしね。
星飛雄馬の姉・明子のように、木の陰から見守りたい気分。


中学生のホンダシが、ゲームの世界に入ってしまうというところから始まるこのお話。
獣人・狐少年のナキが宮崎駿の『天空の城ラピュタ』に出てくるパズーと被った。
声が似てる。
そこから、私の中では、宮崎駿アニメになっちゃいました。
役者のそれぞれが、その役にピッタリだった(そうなるように稽古したんだろうけど)。
‘じ~じょ’のジオ(父も母も獣人に殺されてたという幼い国王)もうまく表現できていたと思う・・・(親バカかな)
感情を入れすぎたのは、きっと私の方で、涙が出た。

‘ちょーなん’にもこの劇を見せるべきだったな。。。
ゲームは何回でもリセットできるけど、人生はリセットできないよ。
{0}にはなれないけど、今の時点から気持ちを入れ替えて新たなスタートは切れる。
自分自身もだけれど、子供達にもそれはわかってほしいなって感じた。

久しぶりに、感情を揺さぶられた日になった。

やっぱりライブ(生)はいいね~


不況だけれど、平和な日々に感謝。。。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへ

ファイブスタイル ブログランキング

お越しいただき、ありがとうございます!
[PR]
by sally-broom | 2009-01-26 01:01 | おでかけ | Comments(0)
<< 『だんだん』で魚介類堪能♪ 初心者でも簡単!6インチキット販売 >>